初の8強

第1試合1回戦最終試合
大阪桐蔭 対 宇部鴻城
宇部鴻城は左腕の早稲田が1死も取れず5失点。4番嶋谷4打数ノーヒット。中国大会王者ながら大敗は残念です。
大阪桐蔭の右腕徳山7回無失点。2番手右腕香川1回無失点。3番手柿木1回無失点。投手陣は強力です。3番山本5番根尾より、この試合は6番山田に興味を持ちました。4回レフトへのツーランホームランを放つ。最近、大阪桐蔭が甲子園に出場すると優勝候補に上げられる。今回のチームはどうなのよ。だけど聖光とは、やはり、ちょっと違う。
第2試合2回戦
履正社 対 呉
呉は左腕池田が粘投の8回1失点ながら打線の援護得られず。
履正社の右腕竹田、前に書いた時イマイチですと書いたが、この試合は2安打完封。ナイスピッチングでした。4番若林、初回に先制のタイムリーを放つ。この一打が虎の子1点。
第3試合
盛岡大付 対 智弁学園
智弁学園は右腕松本が5回まで無失点に抑えていたが6回以降に5失点を許す。4番太田4打数ノーヒット3三振。
盛岡大付は左腕三浦端、9回1失点。1回戦の投球とは売って代わる投球でした。盛岡大付、初の甲子園8強おめでとう。なかなか甲子園で勝てなかった盛岡大付、去年の夏の甲子園2勝で何が変わった用な気がする。学石も日大東北も、なかなか甲子園で勝て無く。今では残念な事に甲子園にも出れ無くなりました。
[PR]
by minoya3969 | 2017-03-25 22:22 | Comments(0)